名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

虫歯は自然に治ることのない病気です。また、初期の自覚症状に乏しい病気ですので、気付かないうちに進行してしまいます。下記の自覚症状が現れた場合、虫歯の可能性がありますので一度受診されることをおすすめします。

・冷たいものや暖かいものが歯にしみる。
・歯に穴が空いている。
・歯が黒くなっている。
・食べたものがよく歯と歯の間にひっかかる。

進行段階 症状 治療法
sv001_1 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態です。歯に穴は開いておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
sv001_2 歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態です。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布に加え、レーザーで歯質強化を図ります。
sv001_3 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになりなり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)やインレー(詰め物)で補います。
sv001_4 神経まで虫歯が進行した状態です。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
sv001_5 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態です。神経は死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

 

神経を取らなければならないってどんな時?
前歯が1本だけ黒くなってきたのです?

虫歯治療 ポイント

むし歯菌(ミュータンス菌)とは?
おとなのむし歯の特徴は?
大人のむし歯対策で進行をストップ!
当院にある「スーパー機器」ダイアグノデント ペン