名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

神経を取らなければならないってどんな時?

歯根治療
神経は、栄養や水分を歯に供給する大切な器官です。歯からあごをとおり、そして脳へとつながる高性能センサーとしての役割も担っています。神経は歯の生命維持をつかさどり、歯科にとって、「歯の神経の健康をいかに長く維持するか」は、もっとも重要な命題です。

ただし、むし歯などが原因で歯の内部に細菌が入り込むと、神経が細菌感染を起こしてしまいます。痛みが強く患者さんの生活に支障が出たり、神経が壊死して回復が望めない場合、感染した神経を取り除かざるを得ません。これが「歯根の治療」です。この治療によってうまく細菌を取り除くことができると、この歯を引き続き使い続けることが可能になるのです。

細菌感染のために神経が壊死してしまうと、センサーが働からなくなるためそれまで感じていた痛みが一時的に消えます。ところが実際には、神経のいのちとともに細菌に対する歯の抵抗力も失われるので、内部では細菌がどんどん繁殖しています。「痛くないから」と放っておくと、いずれ突発的にひどく腫れたり、強い痛みで悩まされることに。まるで時限爆弾を抱えているようなものです。しかも放置すればするほど発作はひどく、歯を残すことがさらに困難になっていきます。早めの治療をこころがけましょう!

<虫歯治療について>
虫歯治療の診療案内ページ

<虫歯治療 ポイント >
むし歯菌(ミュータンス菌)とは?
おとなのむし歯の特徴は?
神経を取らなければならないってどんな時?
前歯が1本だけ黒くなってきたのです?
大人のむし歯対策で進行をストップ!
当院にある「スーパー機器」ダイアグノデント ペン