名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

よい詰め物ってどんな詰め物ですか?

クラウン

前歯が大きくむし歯に侵されてしまった場合、コンポジットレジンで修復することは残念ながら強度の点で問題があります。

そのため、歯と同じ色のクラウンを製作して装着することになります。

前歯の治療は、歯の治療のなかでも、もっとも審美性が要求されます。自然でうつくしく、長持ちするものが理想でしょう。

クラウンを作る際には、いくつかの材料から選ぶことができます。

1.保険でできるプラスチック(レジン)
2.金属のフレームにセラミックを吹き付けて強度をもたせたメタルボンド(自費治療)
3.すべてをセラミックで作ったオールセラミック(自費治療)

などがあります。また、オールセラミックよりもさらに強度が高くうつくしい、ジルコニア(自費治療)も徐々に用いられるようになってきました。

ところで、セラミックを用いたクラウンは保険のプラスチックのクラウンとどこが違うのでしょうか?

セラミックは色、ツヤともに本物の歯に近い自然なうつくしさに仕上がる素材です。また着色しにくく、うつくしさと自然さを治療後長く保つことができます。それに対し、保険のプラスチックは、時間が経つにつれて汚れがつきやすくなります。そのため、治療内容自体の精度は同じでも、素材の違いが審美的な治療結果の違いともなってしまいます。

オールセラミックともなると金属のフレームがないため本物の歯と同じような光の透過性があり、本物の歯と見間違う自然な仕上がりとなります。そのため前歯の自然さを求める患者さんから支持され、審美治療として注目されています。

【プラスチックのクラウン】
ブラックマージン
使っているあいだに着色が進むと、ツヤが人工的に見え、歯ぐきと歯の間が黒くなるブラックマージンが目立ってきます。

今回は大きくなったむし歯への治療方法であるクラウンについて書きましたが、普段から歯科医院で定期検診を受けていると、むし歯を早期に発見、あるいは予防することができますので、定期検診をオススメ致します。

<審美歯科について>
審美歯科の診療案内ページ

<審美歯科ポイント >
よい詰め物ってどんな詰め物ですか?
小さな治療で綺麗になりたい! 〜ウォーキングブリーチ〜
小さな治療で綺麗になりたい! 〜ラミネートベニア〜
かぶせ物製作 仮歯の効果とは?
仮歯のままほうっておくと?