名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

インプラント治療の仕組みとは?

インプラントについて
人工の歯根をあごの骨のなかに埋め込むことで、これを支えにして人工の歯の再建を行う治療方法です。あごの骨のなかに埋め込む人工物をインプラントといい、チタン製のものが主流となっています。チタン製のインプラントは生体との親和性が高く、骨とガッチリ結合する性質をもっています。

<人工歯>
レジンやセラミックなどで作られ、通常のクラウンやブリッジの人工歯と同様の消耗品です。下部構造であるインプラントにくらべると、耐久年数は短く、割れたり、欠けたりすることがございます。その場合は上部構造だけをはずして交換・修理することができる仕組みになっています。

<アバットメント>
インプラントと連結し、人工歯を支えています。インプラントに無理な力が加わらないように、アバットメントがショックをやわらげ、大切なインプラントを守る役割を担っています。こちらも壊れた場合は容易に交換できる仕組みになっています。

<インプラント>
チタン製で生体と親和性が高く、骨とガッチリ結合します。材料的にも耐久性に優れていますので、十分なメインテナンスを行っていけば長期の使用が可能になります。

<歯ぐき>
チタン製のインプラントは生体と親和性が高いため、歯ぐきにダメージを与えません。そのため美しく整形された歯ぐきを長く健康に保つことができます。