名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

フッ化物がむし歯予防に効くのはなぜ?

フッ化物

フッ化物がむし歯予防に効くというのは、どうしてなのでしょうか?

実際に使ってはいても、どんな作用かをご存知の方はすくないかもしれません。

フッ化物について3つの大切な働きを説明いたしましょう。

  1. 適量のフッ化物があると、唾液のなかに溶け出したミネラルが歯に取り込まれやすく、歯が修復されるスピードが速くなってその分修復される量も多いです。
  2. フッ化物の助けによって修復された歯の結晶は、もとの歯の結晶より硬くバージョンアップするので、その分むし歯になりにくい歯になります。
  3. フッ化物には抗菌作用があり、むし歯菌の働きを抑えるのでむし歯になりにくくなります。

つまり、修復する速さも量も増すうえ、修復した部分がもとの歯よりも丈夫になり、さらにはむし歯菌が活躍しないように邪魔までしてくれるという、すぐれた効果があるのです。

歯のエナメル質は、カルシウム、リン酸などが化合してできたハイドロキシアパタイトという結晶でできています。ところがこの結晶はむし歯菌の出す酸に弱く、唾液の酸性度が増すと唾液のなかに溶け出して、歯の密度が低くなります。このままの状態が続くとむし歯になってしまうのですが、フッ化物はカルシウムとリン酸が歯に戻るよう促し、いっしょにフルオロアパタイトという前よりも安定した硬い結晶になってくれるのです。

フッ化物が一定量、なるべく長い間唾液の中に存在すると、歯はより早く、より多く再石灰化され、再石灰化された歯は前より丈夫になり、むし歯菌が活躍しにくくなるというトリプル効果が持続します。

これがフッ化物をお勧めする理由です。

<予防歯科について>
予防歯科の診療案内ページ

<予防歯科ポイント >
TCHとは?(歯列接触癖,Tooth Contacting Habit)
PMTC、スケーリングとは?〜お口の健康維持〜
歯石を取るスケーリングとは?
知覚過敏 放っておくとどうなるの?
知覚過敏の原因 飲食は?
歯ブラシで感染予防!
歯が何本あれば食べやすいのか!?
フッ化物がむし歯予防に効くのはなぜ?
フッ素入りの歯磨き剤
オススメ!歯科医院専用リカルデントガム!