名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

歯周病菌(ジンジバリス菌)とは?

常在菌

歯周病菌(ジンジバリス菌)って?

口のなかの常在菌である歯周病菌は、じつは何種類もいますが、なかでも代表格が、ジンジバリス菌です。この細菌にはせん毛がたくさんあり、歯ぐきにしっかりと取り付いてしまうので、たいへん退治しにくいのです。

空気に触れるとすぐに死んでしまうほど空気が苦手で、それを避けて、プラークやバイオフィルムのなかや、歯ぐきの奥へ奥へと隠れたがります。プラークのなかで増殖すると、酵素をだして歯ぐきのミゾを深くし、隠れ家をつくってそこに定着します。

そのうえジワジワと毒素を出し、歯ぐきや、歯を支える歯槽骨を破壊してしまうのです。

歯周病菌のパワーと免疫力が拮抗しているあいだは発症しないのですが、歯周病菌が爆発的に増えたり、からだが疲れたりすると、それをきっかけに発症し、歯ぐきが腫れはじめてしまいます。

日頃からプラークをしっかりと取り除いておくことが一番の予防法です!

<歯周病治療について>
歯周病治療の診療案内ページ

<歯周病治療 予防ポイント >
軽い段階の『歯肉炎』であれば治ります。
歯周病の進行度は?
歯周病の治療は早いほど有利!
歯周病治療後のメインテナンスの仕方
歯周病菌(ジンジバリス菌)とは?
歯がしみる原因は?