名古屋はみがき道場 無痛治療 審美歯科 ホワイトニング 歯周病治療 矯正歯科 インプラント 虫歯治療

ブログ

いろんな麻酔方法があります。〜局所麻酔〜

局所麻酔について

局所麻酔は、限られた箇所に麻酔薬を効かせる方法で、現在の歯科医院でもっとも一般的に用いられている方法です。

「全身麻酔」と比べて「局所」で効く麻酔です。

治療の痛みをなくすことはモチロン。治療にまつわる精神的なストレスの軽減にもたいへん役立っています。

現在の日本でもっとも広く使われている局所麻酔薬が一般化したのは、60年ほども前のこと。歯科のあらゆる臨床場面で使われている大変信頼性の高い薬品だと言えるでしょう。

麻酔の歴史は全身麻酔からはじまりました。局所麻酔が用いられるようになったのは、全身麻酔の臨床応用がはじまってから50年も後のことになります。

麻酔をからだの必要な箇所だけに効かせる「局所麻酔」の発想は、当初はありませんでした。

まず注射が発明されることが必要だったからです。

また、からだの中に直接針で薬を注入したとき化膿しないように、消毒薬も必要でした。

現在の局所麻酔には塗布する方法も含めて、用途や症例に応じて3種類の方法がございます。

表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔

これらの細かい内容については、次回書きたいと思います。

 

<無痛治療について>
無痛治療の診療案内ページ

<無痛治療 ポイント >
局所麻酔(3種類の方法 1.表面麻酔)
いろんな麻酔方法があります。〜局所麻酔〜   
歯科麻酔 Q&A
歯科の麻酔について